FC2ブログ

プロフィール

FPあさひかわ

Author:FPあさひかわ
ファイナンシャル・プランナーの個別相談⇒生命保険・資産運用・マイホーム取得etc…随時受付中!
ファイナンシャル・プランナーによる
セミナー⇒ライフプラン・節約家計術
etc…随時受付中!
TEL : 0166-32-0651 
Mail : info@fp-asahikawa.com

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

トレンドを捉えて眠っているお金を働かせる!

前回は積立投資についてお話ししましたが、ある程度まとまったお金は
ゼロ金利の預金に眠らせておくのはもったいないので、少しでも利回り
のよい商品で殖やしたいですよね。

前々回、安全性の高い金利商品として、海外の債券にも目を向けよう!
というお話をしましたが、外貨建てなら為替のリターンも期待できます
よね。
例えば海外旅行の時、10万円を為替レート1ドル=100円で米ドルに
替えると1,000ドルになりますが、もし使わずに帰国してその1,000
ドルを日本円に戻す時、為替レートが1ドル=110円と円安になって
いたら、11万円手にすることができ、1万円儲かることになります。
逆に円高になり損をする可能性もありますが、話を元に戻すと、外貨建
債券は通貨にもよりますが、利息や償還金を外貨で受け取っておき円安
になった時に円に戻すようにすれば、為替のリスクは避けることができ
ます。
あるいは満期前でも、債券価格が上がったり円安になった時に利益を
確定したければ、その時点で売却することもできます。
あるいは外貨建MMFなら、満期もなくお金を出し入れしやすいので、
ちょっとまとまったお金ができた時に預けておくのに便利です。
また、外貨のまま受け取った債券の利息や償還金をMMFに入れて
おけば、毎月複利で殖やしていくこともできますし、MMFに外貨のまま
待機させたお金で、また新たな債券を購入することもできます。
MMFが普通預金、債券が定期預金というイメージですね。
外貨建保険も実は外国債券で運用されていますが、円高のタイミングで
購入し円安のタイミングで受け取ることで、日本と海外の金利差プラス
為替のリターンが期待できます。

あるいは前回ふれた投資信託には、国内外の債券だけではなく株式や
不動産、コモディティなどで運用しているものがあり、中にはそれらの
投資対象の利回りに通貨の利回りを上乗せしたハイリスクハイリターン
の商品もありますが、まとまった資金で購入するなら世界経済のトレンド
をうまく捉えて、ベストなタイミングで売買しリターンを追求します。
大切なことは、コストとパフォーマンスを見比べること。
また、老後の収入を増やしたいという理由で分配金を受け取れる商品を
選ぶケースもあるかもしれませんが、現役世代なら分配金は受け取らず
に再投資する方が、前回お話しした複利効果が発揮されます。
もちろん分配金を受け取るにしても、元本を取り崩して分配金を払って
いるような商品は問題外ですが…
それから、投資信託の中にはETFのように、上場しているものもあり
ます。

テーマ : ファイナンシャル・プランナー(FP) - ジャンル : ファイナンス

| ホーム |


 ホーム