FC2ブログ

プロフィール

FPあさひかわ

Author:FPあさひかわ
ファイナンシャル・プランナーの個別相談⇒生命保険・資産運用・マイホーム取得etc…随時受付中!
ファイナンシャル・プランナーによる
セミナー⇒ライフプラン・節約家計術
etc…随時受付中!
TEL : 0166-32-0651 
Mail : info@fp-asahikawa.com

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

短期でリターンを狙うなら「木のルール」を決めリスク管理!

前回は、まとまった資金を殖やすなら!ということで、ある程度中長期の
運用についてお話をしましたが、短期で積極的に価格の変動リスクを
とって、期待利益というリターンを追求する投資とは、投機性、一過性が
高いギャンブルとは違って、継続的な経済行為です。

外に出かけて街並みや人の動きを見ていると、季節や時代の変化を
感じることができますが、新聞やTVなどのニュースからは、景気や
金利、株式や為替など金融市場も刻々と動いていることがわかります。
景気が良くなれば金利が上がり、金利が上がれば株価は下がる、円安
になれば株価が上がり、日本株が買われればドル/円も買われる、
日本株が売られればドル/円も売られる…というように、これらを周期的
に繰り返す法則を「森のルール」とすると、自分は投資したらいくら儲け
たいか、逆にどの程度の損失までなら耐えられるか決めることが、
「木のルール」です。
そしてネットで取り引きをする時には、この証券会社の方があの証券
会社よりも「森のルール」がわかりやすいとか、「木のルール」が自分に
合っているというような、選択と判断が必要です。

例えば余裕資金が300万円あって、そのうち100万円を投資資金に
するとして、株式なら、株価が安い時に買って高くなったら売る現物
取引と、高い時に売って安くなったら買い戻す信用取引がありますが、
例えば買った時より2万円儲かったら売る、2万円損したら売るという
ように、「木のルール」を決め、リターンとリスクを管理します。
あるいは、余裕資金が100万円あって、そのうち30万円を投資資金に
するとして、例えば先物取引なら日経225とか、FXならドル/円とかは
相関性が高く、少額の証拠金で差金決済ができます。
この場合も、リターンとリスクの値幅や、損得の比率を自分で決めた
「木のルール」を守り継続できれば、巨大な金融市場と相対して、勝ち
残れる確率が高くなります。

テーマ : ファイナンシャル・プランナー(FP) - ジャンル : ファイナンス

<< 自分らしい行動で自分の暮らしを守ろう! | ホーム | 一足早く白銀の世界へ… >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム