FC2ブログ

プロフィール

FPあさひかわ

Author:FPあさひかわ
ファイナンシャル・プランナーの個別相談⇒生命保険・資産運用・マイホーム取得etc…随時受付中!
ファイナンシャル・プランナーによる
セミナー⇒ライフプラン・節約家計術
etc…随時受付中!
TEL : 0166-32-0651 
Mail : info@fp-asahikawa.com

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

自分らしい行動で自分の暮らしを守ろう!

前回まで、数回にわたりお金を殖やすなら!ということでお話をして
きましたが、ご存知のとおり、わが国は今や4人に1人が65才以上
の少子高齢社会です。
老後の主な収入源である公的年金は、50年前には現役世代10人
で1人の年金を支えていましたが、今では2人で1人を支えており、
50年後には1人で1人の年金を負担することになります。

新聞記事に目を1通すと、「平成28年の一般会計予算は96.7兆円
ですが、このうち歳出についてみると、国債の元利払いに充てられる
費用(国債費)と地方交付税交付金と社会保障関係費で、歳出全体
の7割超を占めています。
一方、歳入のうち税収で賄われているのは約6割弱であり、4割弱は
将来世代の負担となる借金(公債金収入)に依存しています。」とあり
ました。
しなみに、国の借金は1,000兆円です。

政府はカジノ法案を通して、正社員にも副業を認めるなんて言って
いますが…
アベノミクス効果が一段落し、2020年の東京オリンピックまでは景気
が持続すると言われてはいるものの、ほとんどの人が老後の生活に
不安を感じています。
スーパーに行っても、野菜や肉が高くなったなあ…としみじみ感じ
ますしね。
例えばコンビニのおにぎりなんかも今は120円くらいですが、3年後
には200円とか、5年後には300円とかになっていたらどうしま
しょう!?

そんなこんなで昨今は、私たち日本人の8割は自分の収入に不満
があって、2割は何らかの投資をしていると言われています。
ゼロ金利政策の結果失われた20年を経過して、少子高齢社会に
突入し、地方都市は疲弊しています。
日本の株式市場や指標は、基軸通貨米ドルの為替レートの高い
安いに影響を受けています。
現在預金の金利は、ネット銀行でも1年定期でよくて0.2%くらい
ですから、仮に1億円預金しても利息は年20万円、税引後は16万円
程度です。
また、年金を受給されている方の平均的な受取額は、国民年金で
月5.5万円くらい、厚生年金で14.5万円くらいです。
つまり銀行預金も年金も当てにならないということですから、お金は
お金を生むところに集まるという流れで、投資と運用の世界に入って
いくわけです。

しかし、残念ながらわが国の投資教育は遅きに失していますから、
お金を殖やすということに関しては、自分で考え、判断し、行動する
ベースとなる知識を学ぶ機会がなかなかないのが現状ですが、
これまでお話しした「森のルール」に目を向け、「木のルール」を自分
で決め、自分らしい行動で自分の身を守りたいものだと思います。

次回以降は、資産としての不動産について、考えてみたいと思い
ます。

では、良いお年をお迎え下さい…

テーマ : ファイナンシャル・プランナー(FP) - ジャンル : ファイナンス

<< 砂川遊水地へ… | ホーム | 短期でリターンを狙うなら「木のルール」を決めリスク管理! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム