FC2ブログ

プロフィール

FPあさひかわ

Author:FPあさひかわ
ファイナンシャル・プランナーの個別相談⇒生命保険・資産運用・マイホーム取得etc…随時受付中!
ファイナンシャル・プランナーによる
セミナー⇒ライフプラン・節約家計術
etc…随時受付中!
TEL : 0166-32-0651 
Mail : info@fp-asahikawa.com

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

不動産賃貸業を法人化するメリット

早いもので、今年も残すところあと3ヶ月余りですね。

昨年から大家さんのアパート建て替えに関して、市場調査から建物
コンセプトの立案、建築屋さんとの打ち合わせ、入居者募集等々
お手伝させていただいてきましたが、不動産賃貸業の法人化も含め、
ここへきてようやく一段落です。

不動産賃貸業の法人化は、事業承継対策として検討される大家さんが
多いですよね。

個人が将来的に所有し続ける予定の建物を、法人に移転することで
相続財産を減らし、その敷地は個人が法人に賃貸借することで、相続税
評価額を減額することが可能となります。
また、ご親族を法人の役員として役員報酬というかたちで、贈与税は
払わずに生前贈与を行うことで、相続税の納税資金対策も可能となり
ますし、ご親族は将来にわたって安定した不動産収入を、受け取り続け
ることも可能となります。

法人が支払う役員報酬は全額経費ににできるので、個人で不動産収入
を得ている場合に比べて、所得税を節税できます。
また、役員報酬には給与所得控除があるため、個人のケースと比較
すると、役員が複数いれば節税効果が高くなります。

そもそも、近年は所得税・相続税と言った個人に課せられる税金は
増税の方向、法人税は税率が引き下げの方向にありますし、所得税等と
法人税等では税率が異なり、一般的に所得が上昇するにつれて、法人
形態の方が納税額が安くなることが多くなります。

そして何より、経営面のメリットが大きいですよね。
不動産管理会社を設立し、専門のスタッフを自社で確保して管理体制を
確立することは、アパートの入居を促進し、継続的な満室経営を目指す
うえで有利です。
つまり資産を永続的に維持管理し、比較優位な賃貸経営を継続する
ための得策と言えるでしょう。

そんなわけで、私が不動産管理会社の一役員として、税理士さんとも
相談しながら携わった、不動産賃貸業法人化の流れについては、また
次回にお話したいと思います。

テーマ : ファイナンシャル・プランナー(FP) - ジャンル : ファイナンス

<< 太助の増毛旅 2018~ホッチャレにびっくり編 | ホーム | 太助の増毛旅 2018 ~初めてノーリードで泳ぐ編 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム