FC2ブログ

プロフィール

FPあさひかわ

Author:FPあさひかわ
ファイナンシャル・プランナーの個別相談⇒生命保険・資産運用・マイホーム取得etc…随時受付中!
ファイナンシャル・プランナーによる
セミナー⇒ライフプラン・節約家計術
etc…随時受付中!
TEL : 0166-32-0651 
Mail : info@fp-asahikawa.com

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

DCセミナーに行ってきました。

某企業に、DCセミナーの講師としてお伺いしました。
『DC』って何ぞや?
『DC』とは2001年に誕生した、『確定拠出年金』という制度の略称
です。

国が行う老後の保障は『公的年金』ですが、その上乗せとして企業
が行う社員の老後保障には、『退職金』や『企業年金』があります。
その企業年金として、DCを導入する企業が増えているんですね。

一方、DCは会社の制度として利用されるだけではなく、個人で任意
に加入することもできます。
ですから、自営業者の方や、フリーター等勤め先に退職金や企業
年金がないという方も、自分で退職金を準備することができます。

仮にDCのある会社に転職した場合には、個人で積み立てた資産を
転職先の制度に移すなど、資産を持ち運ぶこともできます。

しくみは簡単に言うと、毎月一定の金額ずつ積み立てたお金を、
老後に一時金や年金で受け取ります。

どの商品でお金を積み立てていくかは、あらかじめ用意された預金、
保険、投資信託などのラインナップの中から、自分で選びます。
例えば、毎月20,000円ずつ積み立てるとして、預金に5,000円、
保険に5,000円、投資信託Aに5,000円、投資信託Bに5,000円、
という具合です。
途中で商品の変更も可能です。

DCは多くの金融機関が取り扱っていますが、商品ラインナップや
手数料はそれぞれ違うので、個人で始める場合には、よく見比べて
から選ぶことをお勧めします。

何と言ってもDCの一番のメリットは、運用で得られた収益には税金が
かからない等、税制上の優遇が受けられることです。
DCは途中で引き出さずに、基本は60歳まで続けていく制度なので、
運用益に税金がかからないメリットは、時間がたつほど大きくなります。
このしくみを利用して、時間を味方につけ、自分年金作りをするのも
一つの方法です。

テーマ : ファイナンシャル・プランナー(FP) - ジャンル : ファイナンス

<< がん保険のご相談… | ホーム | 明けましておめでとうございます! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム